フライミー トゥーザ ムーン 歌詞。 Fly Me To The Moon フライミー・トゥー・ザ・ムーン

Fly Me To The Moon フライミー・トゥー・ザ・ムーン

🤣 その後、1962年に、 作曲家・編曲家のジョー・ハネルが、 4拍子のボサノヴァ風に書き直し、 1964年にフランク・シナトラがカバーして、 大ヒットとなりました。 もちろん、アルバイトはホストではなくバンドのキーボード・プレーヤーです。 セッションでもボッサでお願いしますと、 頼まれることも多いです。

12
ジャズ、ポピュラー・シンガーはもちろん、ボビー・ウーマックや宇多田ヒカルまでもが歌っています。

フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン: 二木紘三のうた物語

🐝 簡単なことを伝えるために、詩人はいろいろな言葉を使う It takes thought and time and rhyme to make a poem sing. ユー Interlude Fly フライ me ミー to トゥ t h ザe moon ムーン And アンド let レット me ミー play プレイ among アマング t h ザe stars スターズ Let レット me ミー see シー what ホワット Spring スプリング is イズ like ライク On オン Jupiter ジュピター and アンド Mars マーズ In イン other アザー words ワーズ hold ホールド my マイ hand ハンド! - (英語) - のバージョン. また、1960年代当時は、 アメリカではアポロ計画の真っ只中。 英語の歌詞では男性、女性のどちらでもそのままで歌えるものが多いのですが、 日本語には男女の区別が歴然とあるので、なかなか同じというわけにはいかないというところは、 英語と日本語で大きく違う部分の一つであると言えるでしょう。

9
4拍子:Swingのリズムでの「Fly me to the moon」 ジャズのリズムといえば、スウィング。

フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン / FLY ME TO THE MOONの歌詞和訳

☎ 楽曲詳細 この曲は、1954年に作詞家・作曲家の バート・ハワードによって制作された曲です。 歌詞の内容からすると、なんとなく女性が歌ったほうがピッタリしているように思えますが、 男性シンガーも女性シンガーと同じぐらい多く歌っており、歌詞もその意味も変わりません。

原田知世 フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン 作詞:Bart Howard 作曲:Bart Howard Fly me to the moon And let me play among the stars Let me see what spring is like On Jupiter and Mars In other words, hold my hand In other words, darling, kiss me Fill my heart with song And let me sing forever more You are all I long for All I worship and adore In other words, please be true In other words, I love you. 作詞・作曲:Bart Howard、唄:Kaye Ballard、 日本語詞:二木紘三 Fly Me To The Moon Poets often use many words To say a simple thing. 日本 [ ]• この場合、作詞者・作曲者から直接権利を取得した音楽出版者は OP(Original Publisher)と呼称し、OPと契約を結び特定地域についての活動を任せられた音楽出版者は SP(Sub Publisher)と呼称する。 歌手: 作詞: 作曲: Fly me to the moon And let me play among the stars Let me see what spring is like On Jupiter and Mars In other words, hold my hand In other words, darling, kiss me Fill my heart with song And let me sing forever more You are all I long for All I worship and adore In other words, please be true In other words, I love you. Fly me to the moon, and let me play among the stars. It takes thought and time and rhyme To make a poem sing. そのときはスロー・テンポのワルツ調の三拍子の曲で、フェリシア・サンダースが歌いました。

Fly me to the Moon/CLAIRE

😜 レーベルはデッカ。

- 外部リンク [ ]• メロディーもきれいで素敵な曲ですが、何といってもこの歌詞はロマンチックでかわいらしく魅力的なものです。

Fly me to the moonの楽譜の種類が多い?個性的なアレンジでみんなと差をつけよう

🤐 『新世紀エヴァンゲリオン』 エンディングでも有名に テレビ東京系列で放送されたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』では、エンディング・テーマとして『Fly Me to the Moon』が使用された。

11
同年、が本作を収録する際に初めて「 Fly Me to the Moon」の題が登場した。 このバンドはジャズ・バンドではなくディスコ&ポップスのバンドでしたが、 この曲はレパートリーに入っているくらい、そのときにはポピュラーな曲になっていたということです。

【歌詞カタカナ】Fly me to the moon

😭 またに開された、かつてのソ競争をにした『・』( Cows)では劇中歌として使用された版の朗らかな歌唱が非常に印的であった。

16
いいのが見つかったら、差し替えます。

【歌詞カタカナ】Fly me to the moon

🤩 元のタイトルは『In Other Words(言い換えれば・・・)』だったが、歌詞の1行目から現在のタイトルに変えられた。 フェリシア・サンダーズ(1922年 — 1975年2月7日)が本作の創唱者であるとでも言及されている。 多くのミュージシャンが、 スウィングのリズムにて、演奏しています。

9
Fill my heart with song, And let me sing forever more; You are all I long for, All I worship and adore. 備考 [ ] に於いては現在、作品/出典:PJ サブ出版者作品届 /作品コード 0F0-2290-1 FLY ME TO THE MOON として登録。 概要 は、・のト・ハ(t Howd)によって作られ、のキャで披露された。

Fly me to the moonの楽譜の種類が多い?個性的なアレンジでみんなと差をつけよう

😜 同年にニューヨークのクラブ"Blue Angel" で、フェリシア・サンダーズ(Felicia Sanders 1922年~) が歌ったのが初演。 (4m30s〜) - (英語) - のバージョン•。

7
101• その後、の・マス( h)がこの曲に『Fly Me to the Moon』というを付けてに収録した。 サントラCD「では、様々な『Fly Me to the Moon』がなんと12バージョンも収録されており、この曲に対する製作スタッフの熱い思い入れ・こだわりが感じられ、大変興味深い。