サイコ ガンダム mk iv g ドアーズ。 サイコガンダム

「月刊ガンダムエース 2019年1月号」本日発売!

💓 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 武装・必殺攻撃 [ ] 60mmバルカン砲 頭部に2門内蔵されている。 ムーン・ムーン内で戦闘行為を行うネオ・ジオンのシュランゲ隊に対抗するため、負傷したアゴス・ラガートに代わりが機体を操縦し、彼の乗機となった。

19
しかし、機体に搭載された次世代サイコミュシステムは要求スペックを満たしておらず、偽装貨物船「アタラント3」に配備された機体はシステム周りが通常の物に戻され、いくつかの武装も取り外されている。

ガンダムmk

☯ TR-1の物とは形状が異なる。 カグヤはオーテングーのサイコミュを利用してエラゾの精神に「サイコ・ダイブ」することで本機の動きを止め、その隙にアンカーが頭部を破壊することで活動を停止する。

11
における襲撃作戦に参加した際に暴走し、ニューホンコンの街に大きな被害を与える��その後、をかけようとしていたスードリに体当たりを敢行し、その爆散と共に失われる。 この機体で収集したデータにより、最終的にサイコガンダムは完成を見た。

【画像】サイコガンダムの新型がまた増えるww : あにまんch

🔥 形状はRX-78に似ているが、設計思想はMSN-02 がもとになっている。 サイコフレームはサイコミュの基礎機能を持つコンピューター・チップを、金属粒子レベルで鋳込んであるもののため、恐らくはサイコミュのチップの密度に差があると思われるが、それがどのように性能差に影響しているかは不明である。

17
その後、中破した頭部の代わりにG-ドアーズの頭部を搭載し、サイコミュの解析を行っていたが、紆余曲折を経てムーンガンダムとして生まれ変わることになった。 機体はミスター・エンキドゥなる人物の支援のもとで完成したとされている が、実際にはを経て連邦軍を追われたティターンズ残党にが偽名を用いてサイコフレームのアイデアを提供し、設計させたというのが真相である。

サイコガンダムのバリエーション

👣 また、サイコガンダム同様指先はビーム砲となっている。 射程はそれほど長くないため、おもに中・近距離用として位置付けられる。 また本機が従えていた、鹵獲されたエゥーゴのや、のいずれのコックピットも無人であった。

14
胸部中央には拡散メガ粒子砲が搭載されており、ジェネレーターが増設されているものの出力不足のためメガ粒子砲発射後は10秒間行動不能となる。

G

🤫 ビーム・ライフル グレネード・ランチャーを内蔵したバルギルの携行射撃兵装。

2
このサイコプレートが扉に見えたことに由来して「G-ドアーズ」の名を与えられている。

サイコガンダム

♨ モビルフォートレス MF とも呼ばれるMA形態に変形可能で、その巨体を飛行させるためにを装備している。

20
搭載された由来のサイコミュシステムの大部分が詳細不明だったため、非常事態用の自爆システムを有しており、機体表面には自爆用のマニュアルボルトが各所に設けられている。

サイコガンダム

⌛ ビーム砲 両手指先に1基ずつ、計10基搭載され、出力2メガワット。

16
3メガワット。 また頭部の「口」に当たる部分が原型機と異なる。