更級 日記 物語 品詞 分解。 更級日記『物語(源氏の五十余巻)』(2)問題1の解答

更級日記『物語(源氏の五十余巻)』(2)問題1の解答

😛 本名不明。 母が、物語などを探して見せてくださると、なるほど自然と慰められてゆく。 どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。

と =格助詞 心 =名詞 の =格助詞 内 =名詞 に =格助詞 祈る =ラ行四段動詞「祈る」の終止形 「この源氏の物語、一の巻よりして、皆見せたまへ。

更級日記『物語(源氏の五十余巻)』(2)品詞分解のみ 「かくのみ思ひくんじたるを~

😉 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれている。 「櫃」の漢字の読み: ひつ 現代語訳: 櫃(ふたの付いた大型の木箱)に入ったまま 問題14.「更級日記」の作者を答えよ。

18
は =強調の係助詞。

更級日記『物語(源氏の五十余巻)』(2)現代語訳 「かくのみ思ひくんじたるを~

👣 28 つと 副詞。

19
」など、あはれがり、めづらしがりて、帰るに、 「たいそうかわいらしく成長したなあ。

更級日記『物語(源氏の五十余巻)』(2)品詞分解のみ 「かくのみ思ひくんじたるを~

☝ 幼い時から大好きだった人が、一人、また一人と傍から居なくなっていく感覚。

10
助動詞: 薄緑のマーカーです 敬語: 緑のマーカーです 係り結び: オレンジのマーカーです。

更級日記源氏の五十余巻源氏物語を読むかくのみ品詞分解現代語訳(5/5ページ)

☎ また聞くところによると、侍従の大納言の姫君が、お亡くなりになったそうだ。 (しかし、)そのまま別れてしまった人(=乳母)は、もう二度と会えず、悲しいことだ。 差し上げる、献上する。

20
品詞分解 物語 名詞 の 格助詞 こと 名詞 を 格助詞 のみ 副助詞 心 名詞 に 格助詞 しめ マ行下二段活用動詞「占む」連用形 て、 接続助詞 我 代名詞 は 係助詞 この頃 名詞 悪き ク活用形容詞「悪し」連体形 ぞ 終助詞 かし、 終助詞 盛り 名詞 に 格助詞 なら ラ行四段活用動詞「なる」未然形 ば、 接続助詞 容貌 名詞 も 係助詞 限りなく ク活用形容詞「限りなし」連用形 よく、 ク活用形容詞「よし」連用形 髪 名詞 も 係助詞 いみじく シク活用形容詞「いみじ」連用形 長く ク活用形容詞「長し」連用形 なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形 な 強意の助動詞「ぬ」未然形。 直前に終止形があるので、「断定・存在」の助動詞「なり(接続は体言・連体形)」ではない。

更級日記源氏の五十余巻源氏物語を読むかくのみ品詞分解現代語訳

😭 「ゆかり」は縁のことである。

8
「む」は文末に来ると「推量・意志・勧誘」のどれかの意味であり、【「心を慰めよう。 奉ら =ラ行四段動詞「奉る(たてまつる)」の未然形、「与ふ・贈る」の謙譲語。