ムーン ショット 計画 内閣 府。 なにこれ? ムーンショット計画=人類のロボット化計画 内閣府の計画

ムーンショット型研究開発事業

😂 実現を目指す資源循環の例 【参考】ムーンショット目標と研究推進法人• ・2030年までに、望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を強化できる 技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を提案する。 出典:内閣府 アバターとは内閣府の説明によると、サイバネティック・アバターのことであり、自分の身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張する技術を含む概念といいます。 これはムーンショット計画と概要は似ていてハイリスクだけど、イノベーションを起こせるようなことに政府が予算をつぎ込んで研究開発していくという感じだったのですが、 大胆さや海外の研究者を巻き込んだ研究開発が全然見られないっていことでムーンショット計画ができるのです。

20
NEDO連絡先の他、研究開発の詳細や連携のご相談等について直接プロジェクトマネージャーにご連絡いただくことも可能です(下表をご確認ください)。 本来の自然に戻すために技術を導入するみたいですが、本来の植物に戻るのに技術が入ってしまってもいいのかな? ムーンショット目標5は目標4とも少し、被っている部分もありますが地球自体を戻すというのが一番の目標です。

内閣府ホームページ日本人家畜化【2050年アバター・ムーンショット計画】奴らはキチガイだ!

✌ 例えば、仮想世界にいるときにお腹が減ったら、ログアウトすることなく、仮想世界から現実世界の自分に指示を与えることができ、身体を操作することで、ご飯も食べることができるということになります。 そこで、今回はこの2つにポイントに絞って、現代の最先端テクノロジーの発展を参照しながら、少し詳しく見てみよう。 (4) 2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現。

17
って、あんた。 『あくまで、個人的意見ですが・・www』 『リンクスタート』2050年までに訪れるSAO世界!! このムーショット計画こと『フルダイブ計画(笑)』では、実はフルダイブ技術の元ネタであるSAOとの類似点が他にもあります。

「内閣府」ムーンショット計画。2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

⚐ これは「パーマン」で言うコピーロボットを10体与えられると思ってください。 完全に。 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。

1
今は、日本の大学の研究所でも研究されています。

『内閣府が正式公表』2050年までの目標ムーンショット計画が怖い

📲 また、少子高齢社会の問題を解決したり、地球の環境を守るためという名目で、マイクロチップの挿入が促されたり、人工知能による徹底した管理社会が築かれる可能性に対して、懸念を抱かざるを得ません。 出典:内閣府 VR導入の可能性 また、ここでは触れられていませんが、VR技術を導入することも狙っているとみていいでしょう。 ・2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。

2
『マジパナいですね!!』 しかし、これを実現させて身体・脳・空間・時間などの制約から解放してやるためには、MR 複合現実と呼ばれる仮想世界と現実世界を高度に融合させたもの や(仮想世界)を高度に発展させて、現実ではロボット、仮想世界ではを自由自在に動かせるようにする必要あるうえに一人で複数体それらを操るには人間の脳だけでは処理が間に合いませんので、脳の拡張も必要になります。

ムーンショット目標5 2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

🙂 これがどのような制度なのか、内閣府のホームページを参照し、具体的に見てみよう。

16
マウスはカードを差されていますが、人間は違いますよ(笑) しかしこの画像を見ると、肯定派と否定派に別れ、世界は2極化しそうです。 少子高齢化の進展により、今後、我が国では生産年齢人口が減少するが、これは同様の人口動態をたどる先進国やアジア周辺国においても共通の課題となっており、日本は課題先進国としてこの問題の解決に取り組むべきである。

ムーンショット型研究開発事業

🤣 これには、超高齢化社会における諸問題を解決するという狙いがあるとされています。 パッと見る限り、「映画の世界じゃん」と思っちゃうような目標があるんです。

15
たとえば2016年には、オバマ大統領もムーンショットを掲げています。 2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。

内閣府が発表したムーンショット計画はSAO世界・フルダイブ技術をまるで実現した夢の世界!!

👏 このBioNyfikenは「やりすぎ都市伝説」でも取材されており、関暁夫氏は番組の密着取材を通じて、団体のメンバーに誘われ、加入したということを明らかにしています。

しかし現状を考えると、まだまだ人間の数が多くて、世界の人工は6〜7億人がベストと算出されています。