Excel 選択肢。 Excelで基本のプルダウンリスト[ドロップダウンリスト]の作成

ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

👏 2つめのリストで参照する「名前」を設定する ここからが本題です。 肝心なのはここからとなっていて、それぞれの都府県に連動させて、各市区名をプルダウンリストで表示させなければいけません。

8
回答が集計されました。 ここで、完成後に、2段階目の選択肢のデータが増えたり減ったりする可能性がある方と、ない方で、操作が分かれます。

ドロップダウンリストから選択して入力する:Excelの基本操作

✋ 範囲選択し直したことで、[元の値]欄の指定も変更されました。 まずエクセルを開き、プルダウンリストを設定したいセルをクリックして選択状態にします。 A2セルでパソコンを選択• リストからデータを入力するセルを選択します。

15
プルダウンリストを作成したいセルを選択状態にし、画面上部のメニューから「データ」をクリック、表示されたプルダウンメニューから「入力規則」を選択します。

Excel 2013|選択項目をあらかじめ仕込んでおけるドロップダウンリストをつくる

😇 [ファイル]タブをクリックして、バックステージを表示します。 この時、完成後に選択肢のデータが増えたり減ったりする可能性が ある場合の操作をしている方は、前の章でテーブル化していますので、を使えば、この範囲をワンクリックで選択できます。

16
この項の方法と上の「リストの切り替え」との併用はできませんので、ご注意ください。

【Excel講座】選択肢の中から1つを選択するオプションボタンを使う方法

🍀 まずはプルダウンリストを適用させたいセルを選択します。

19
設定するセルを選択します。

ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

🙂 まずは 1段階目のドロップダウンリストを設定したいセルをします。 名前の定義の参照範囲はOFFSET関数を使って、A列にデータを追加すると自動で参照範囲が広がる式を入力しています。

17
3つのステップで設定していきましょう。

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する方法&応用設定|ferret

⚡ では、サポートを受けられます。 Workシートに用意した選択肢セルを範囲で記述します。 適用したのと同じドロップダウン リストが設定されているすべてのセルを更新するには、[ 同じ入力規則が設定されたすべてのセルに変更を適用する] チェック ボックスをオンにします。

入力規則を設定するセルを選択します。 また、指定されている実際のセル範囲も、点線でグルグルと囲まれてアピールしてくるので、この状態のまま、 選択肢用のデータがある範囲を、改めてし直します。

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Office Hack

😃 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリック• この数式は、「B2番地に入力されている文字を、セル範囲として認識してね」という意味になります。 次に任意の位置に選択肢と選択状態をリンクするセルを用意します。 ドロップダウン リストを適用したワークシートで、ドロップダウン リストが設定されたセルを選択します。

10
メニューの何もない場所を右クリックし、「リボンのユーザー設定」を選択します。 。