みんなのうた テキスト。 NHK みんなのうたの最新号

みんなのうた

👎 映像 [ ] テレビ放送では楽曲のイメージに沿った実写映像もしくはが放送され、番組の大きな特徴となっている。 フェア• 『』(1997年4月-5月):2004年以降から、点滅の激しいシーンがスロー修正される。 8か月もの長期にわたる放送はあまり例を見ない。

13
楽曲紹介に際しては季節ごとに異なるデザインのイラストを共通で使用したに、その楽曲名・作詞・作曲者を表示。

コトバドリ

🤛 『』 - 「ハロー・トゥモロー」()• 「高校3年生」(インディーズ時代・直太朗名義)• 視聴者からの好評の声を受け、NHKは当初の放送期間を翌2006年7月まで延長した。 『おまつり』 1961年には作詞:石川年、作曲:、歌:、みすず児童合唱団の曲が、1963年には作詞:高橋信夫、、歌:、西六郷少年少女合唱団の曲が放送されている。 「」(2009年)• これは1998年以降に制作されたハイビジョン作品に限定して再放送するものであった。

17
なお2016年10月ー2017年度、2018年8月から表紙に再放送曲が記載されなくなる。 「」(2008年)• 『レレの青い空』(2005年6月-7月):男性がから落下するシーンが、に吸い上げられるシーンに変更。

コトバドリ

🤐 ジャケットデザインは収録されている1曲の静止画カットを表面(表紙)に1カット使用している。 『ごっつぉさま』(1997年6月-7月):1997年6月16日に急遽放送が中止され 、翌年2月の再放送にて「おめぇらの命いただきます」を「たいせつに命いただきます」に変更。

2
当初はエンドカードが新曲枠と再放送枠で異なっていたが、2015年頃からテキスト(新曲では2018年頃)かエンドキャッチのいずれかになった• うた:ことばおじさんとアナウンサーズ)• 「子供向け」「健全」という建前から、初期には恋愛を連想させる歌詞が改められる場合もあり、「白銀はまねくよ」では歌詞の「雪の山は 恋人」が「雪の山は 友達」に変更された。 『』 - 「夢の舟乗り」()• 』 - 「大好きって意味だよ」(キョエちゃん) 『少年ドラマシリーズ』の主題歌起用 [ ] 1970年代から1980年代では当時放送されていた『』の主題歌も紹介されていた。

NHK みんなのうたの最新号

😜 2020年3月から開始されたでは一部楽曲は同時ネット配信のみで見逃し配信は行われない場合がある。 ジングルは鉄琴による演奏。 概ね1993年以降に放送された楽曲の大半が今まで収録されている。

10
また、1992年度より「はみんぐ」と称する読者からの楽曲にまつわるエピソードを募る「お便りコーナー」が設けられた。 「」(1976年)• テレビ放送の場合、オープニングと「『みんなのうた』です」のナレーションが10秒前後流れたのちに、曲のタイトル表示とナレーターによる読み上げがされ、楽曲が放送される。

みんなのうた

👈 司会:、ゲスト:) 『』出演者• 和雑誌•。 「」(インディーズ時代)• その他に、テキストでは紹介されないテレビ単独の再放送枠が3系統ある。

5
このため、後述の楽譜集では重版時に許諾契約終了のため掲載が見送られたり、特集番組で取り上げられる程度に留まっている。 一方で、2005年頃までアニメーション系を中心とした一部作品は制作機材の都合上か従来通り標準画質(525i)で制作されており、時はいわゆる処理により1125iへアップコンバートされ、で両端が黒帯またはオリジナルのが表示される。

NHK みんなのうた

👌 京都のマンションマンホール転落死事故 業務上過失致死で書類送検• FMは火・木・土)に放送されたこともあった(その場合、2波とも同時ではなく一方は『みんなのうた』、もう一方は『音の風景』というパターンだった)。 2013年8月に初回放送された「少年と魔法のロボット」は、番組史上初となる人間以外の歌唱による楽曲となった。

14
2010年度『』(、作詞・作曲は「愛」名義)• 番組向けに書き下ろされた楽曲の(版権)のほとんどは日本放送出版協会が保有している。 曲ないし尺によっては短い解説が入る。