地方 自治 法 施行 令 第 167 条 の 2 第 1 項 第 2 号。 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号による随意契約公表

公務員に必要な法律、地方自治法施行令167条の2(随意契約)

✌ 所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法• 障害者自立支援法 (平成17年法律第123号)第5条第12項 に規定する障害者支援施設(以下この号において「障害者支援施設」という。 H28. H30. 性質、目的が競争入札に適さない場合• 地方税法等の一部を改正する等の法律• H28. (平成三十一年法律第六号)• H30. R02. Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",b. 不動産の買入れ又は借入れ、普通地方公共団体が必要とする物品の製造、修理、加工又は納入に使用させるため必要な物品の売払いその他の契約でその性質又は目的が競争入札に適しないものをするとき。 2項 前項の指名競争入札、 随意契約又はせり売りは、 政令で定める場合に該当するときに限り、これによることができる。

8
地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律• (平成二十八年法律第十三号)• 災害救助法の一部を改正する法律• H30. (平成三十年法律第五十九号)• 01 施行• 例えば市役所で使用する文房具やコピー用紙などを購入する場合、1点あたり数百円なので、財産の買い入れ上限の80万には満たない為、随意契約が可能となります。 九 落札者が契約を締結しないとき。

地方自治法施行令第167条の4(一般競争入札の参加者の資格)と関連法令、判例

😝 20 施行• (令和元年法律第十七号)• がん登録等の推進に関する法律• (令和二年法律第五号)• 七 時価に比して著しく有利な価格で契約を締結することができる見込みのあるとき。

9 号 落札者が契約を締結しないとき。

吹田市|地方自治法施行令各号の解説

😊 15 施行• 農業災害補償法の一部を改正する法律• 16 施行• (平成二十八年法律第八号)• H27. (平成二十八年法律第百一号)• 1 号 売買、貸借、請負その他の契約で、予定価格(貸借の場合は予定賃貸借料の年額又は 総額)が次の各号に掲げる額を超えないものをするとき。 01 施行•。

9
H25. (令和元年法律第一号)• H26. 旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律• 01 施行• (平成三十年法律第百二号)• 7 号 時価に比して著しく有利な価格で契約を締結することができる見込みのあるとき。

地方自治法施行令第167条の4(一般競争入札の参加者の資格)と関連法令、判例

🐲 Contents• (平成三十年法律第七十八号)• (平成三十年法律第七号)• 01 施行• )を行う施設若しくは小規模作業所(障害者基本法(昭和四十五年法律第八十四号)第二条第一号に規定する障害者の地域社会における作業活動の場として同法第十八条第三項の規定により必要な費用の助成を受けている施設をいう。 30 施行• H29. 競争入札に付することが不利と認められるとき。 01 施行• (平成二十九年法律第七十四号)• 最高裁判例 平成6年12月22日 1項ないし3項,第1項4号,. 6 号 競争入札に付することが不利と認められるとき。

19
H25. 01 施行• 01 施行• その性質又は目的により競争に加わるべき者の数が一般競争入札に付する必要がないと認められる程度に少数である契約をするとき。 〔地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定による随意契約できるものに準ずるものの認定基準等について〕 障害者優先調達推進法における,障害者就労施設等の受注の機会の増大を図るため,障害者就労施設等の物品等を取り扱う共同受注窓口への本市からの発注を促進する措置を講ずることとし,地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定による随意契約できるものに準ずるものの認定に係る基準を次のとおり定める。

地方自治法施行令第167条の2

🖕 01 施行• H29. 01 施行• (平成三十年法律第四十九号)• 01 施行• 地方自治法等の一部を改正する法律• 01 施行• H31. 4 前2項の場合においては、予定価格又は落札金額を分割して計算することができるときに限り、当該価格又は金額の制限内で数人に分割して契約を締結することができる。 (平成二十六年法律第六十九号)• (平成二十六年法律第百十五号)• H30. (平成二十八年法律第九十四号)• 05 施行• 1 認定基準 (1)事業者の取扱商品等に関する基準 障害者支援施設,障害福祉サービス事業を行う施設を利用する障害者の自立と社会参加を促進するため,もっぱら当該施設利用者が製作した製品等を取り扱い,当該施設利用者が製作した製品の販売促進,あるいは当該製品や役務の受注斡旋を行うことにより当該施設利用者の賃金(工賃)向上を目的とした販売所あるいは受注センターを設けている者 (2)その他の基準 ア 京都市内に主たる事業所があること イ 公序良俗に反する事業を行っていないこと ウ 法令違反等,その他事業者の認定にふさわしくない事実がないこと 2 認定方法 ア 認定を希望する事業者からの申請によるイ 申請があった場合,本市は,あらかじめ2名以上の学識経験者の意見を聴取したうえで,基準に照らして認定の可否を決定する。

7
24 施行• H26. (平成二十八年法律第十九号)• attachEvent "onreadystatechange",H ,e. H30. )(以下この号において「障害者支援施設等」という。

地方自治法施行令第167条の2

🖕 公務員に必要な法律、地方自治法施行令167条の2 公務員試験に合格して、働き始めると法律の知識を求められることが多くなります。

2項によると、随意契約は「政令で定める場合に該当するときに限り」となっており、この政令が 地方自治法施行令を意味します。

地方自治法施行令第167条の2

🌭 五 緊急の必要により競争入札に付することができないとき。 )が行う事業でその事業に使用される者が主として同項に規定する配偶者のない者で現に児童を扶養しているもの及び同条第四項に規定する寡婦であるものに係る役務の提供を当該母子・父子福祉団体等から普通地方公共団体の規則で定める手続により受ける契約又は認定生活困窮者就労訓練事業を行う施設(当該施設から役務の提供を受けることが生活困窮者の自立の促進に資することにつき総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けたものに限る。 ア 契約の対象となる物品又は役務の名称及びそれらの数量 イ 契約の相手方 ウ 契約金額 エ 契約締結日 オ 契約の相手方の選定理由 カ その他市長が必要と認める事項 2 前項各号の規定による公表の方法に関し必要な事項は、別に定める。

16
生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律• (平成三十年法律第六十六号)• 31 施行• 4 号 新たな事業分野の開拓を図る者が新商品として生産する物品を買い入れる契約をす るとき。 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律• 以下この号において「障害福祉サービス事業」という。

京都市:地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定による随意契約できるものに準ずるものの認定基準等について

👍 所得税法等の一部を改正する法律• H30. その中で、今回は地方自治法施行令167条の2(随意契約)について紹介していきます。 01 施行• H26. 出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律• どのような契約であっても随意契約が可能になってしまうと、行政職員と業者との癒着の原因になったりすることから、基本的に一般競争入札を採用して、その例外として随意契約が設けられています。

13
生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律• 19 施行• H27. 落札者が契約を締結しないとき。