テスラ bitcoin。 ビットコイン市場にテスラCEO、億万長者マネージャーが新たに参入か=2021年

テスラのビットコイン投資、事前投稿の人物が「作り話」と撤回 (2021年2月10日)

👐 最初は笑われ、否定されたけど」と書き込んだ。 テスラは自社がビットコインを購入したと伝えられただけで、2億ドル超(約240億円)の含み益を得たことになる。

17
テスラの車はすべて電気自動車で安価なものでモデル3が600万円程度、そしてモデルSが1200万円程度の価格となっています。

あのテスラが15億ドルものビットコインを購入した!(ひろぴー): J

🤞 24時間のビットコインの上昇率は12%(45万円程度)となっており大高騰となりました。 この人物は9日遅く、米紙ニューヨーク・ポストに対し、1月の投稿はいたずらだったと述べた。 ・テスラ株とビットコインが急落 ・イーロン・マスク氏がのトップから陥落 ビットコインとテスラ株が急落。

この投資はテスラよりもビットコインに有益だということだ」と指摘する。

テスラがビットコインを購入、決済手段としても導入を検討 どうなる仮想通貨!?

😎 ボルダ氏は「ビットコインで高額商品を買うのは勧めない」と話す。 「Bitcoinは米国時間2月8日には15%も高騰して4万4000ドル(約460万円)という高値を更新した。 大変な額だ。

16
テスラはさらにビットコイン支払いも検討 テスラはさらにビットコインを支払いとしても利用できるように検討しているということです。

ビットコイン4.8万ドル最高値更新-テスラ15億ドル投資、払いも可能に

👎 イーロン・マスク氏といえば、カリスマ経営者として人気が高く、今やアマゾンのジェフ・ベゾス氏を抜いて資産19兆円の世界一の大富豪です。 例えば、決済サービスの米スクエアと同じように、テスラは保有するビットコインを「耐用年数を確定できない無形資産」に区分しなければならない。

2
ビットコインで買い物をするという「目新しさ」は、価格が急上昇すればすぐに薄れると忠告する。 そうすれば、ビットコインを受け取り、経営陣の判断でいつでも売却することが可能になる。

快進撃だったテスラ株、Bitcoinで撃墜され、25%下落。

😋 ロイターは、この投稿者の身元や、当初の投稿およびその後の主張が事実か確認できておらず、テスラからもコメントを得られていない。 現行の会計手法は、いわば「消去」のプロセスに従う。 テスラの2020年の純利益は725億円程度ですから、ビットコインへの投資によって、わずか2週間で並んだことになります。

6
さらに同社は、将来的にはビットコインを車両の支払い手段として受け入れる可能性もあると述べたが、その手段には規制上の不確実性があることも認めている。

テスラ株とビットコインの急落で、イーロン・マスク氏が「世界一の富豪」から陥落 / コインベースではクジラの買い集めが観測

💕 これは奇妙に聞こえるとしても、事実そうなのだ。 イーロン・マスク氏はいつだってワイルドだ」と、報道の取材に答える権限を持たないため匿名を希望したウォール街の大手銀行で資本計画を担当するある企業幹部はいう。 さらにテスラは、車両や製品の購入もビットコインで受け付ける検討をしているという。

【こちらも】 テスラがビットコインを購入したと伝えられた同日、ビットコインは前日よりも15%近く上昇して、4万4800ドルの史上最高値を付けた。 将来、ビットコイン建ての取り引きを受け入れるかもしれないということは、ビットコインの価値と取引高の両方を維持するのに役立つかもしれない。

コラム:テスラのビットコイン投資、会計規則の矛盾浮き彫りに

😎 特に、ヘッジファンド・ユーザーは、厳しい。

18
富裕層や機関投資家による多額の資金の流入を示唆しています。 しかし、多くの仮想通貨トレーダーや業界関係者がテスラ社によるビットコイン市場参入を歓迎する一方で、 テスラ社のビットコイン多額購入に頭を悩ませる専門家も多々存在している。

ビットコイン市場にテスラCEO、億万長者マネージャーが新たに参入か=2021年

⚓ それがここにも当てはまり、Teslaは大手上場企業としては初めて、現金のリターンをBitcoinで最大化しようと考えたのだと思います」。 当社は過去72時間に平均価格3万3142ドルで24701BTCを購入した」と投稿。

2
規制当局が乗り出してマスク氏にお仕置きをしないか、ということだ。